デザイン豊富

花とリング

ずっと育んできた愛を形とする瞬間、ウェディングには「最高の思い出を作る」という意味があります。結婚式は一日だけのものですが、二人の愛情は一生のものです。それを確認しあうために、特別の想いを込める方々が増えています。結婚指輪は、いつでも愛の形を身に着けるからこそ求められる「かたち」があります。婚約指輪の様に、特別の日だけ身に着けるものではないので、実用的であること、日常生活に溶け込むことが、もっとも必要となります。そのため、とてもオーソドックスな形を選ぶ方が多いのですが、見えないところにこだわることで、いつも大切にされている実感を感じることができます。最高のジュエリーを見つけること、それは愛する事の確かさを見つけることでもあるのです。

結婚指輪に使うお金は、最近は上昇傾向にあります。結婚式などを最小限で済ませる方も増えていますが、その分、自分たちの結婚生活を充実させたいという思いが強くなっていることが背景にあります。以前は「婚約用は給料の3か月分、ウェディング用は、その半額程度」というのが一般的でした。これは夫側、妻側もほぼ同様で、同じものをペアでそろえる場合が殆どでした。最近、この傾向に少し違いがでてきています。価格帯では、有名ブランドなどの質が高いものを選ぶ方が増えており、より装飾性が豊かなものが好まれるようになってきました。またブランドの歴史や背景を考えながら決める場合も多い様です。指輪は実物を見ることにより、その魅力を知ることができます。ぜひ大いなる未来にふさわしい、お二人だけの指輪を見つけましょう。